ローン返済の滞納

負のスパイラルからの脱出

loan14

不動産売却のダイレクトメールを見てお問い合わせ

ダイレクトメールを見ていただいた方から、住宅ローン返済と売却について相談したいとお問い合わせをいただきました。相談内容は、現在住宅ローンの返済が滞っているので金融機関より不動産の売却をすすめられているということでした。いろいろとお客様のご要望をお聞きしましたが、お客様にとっては不動産の売却をしてリスタートすることが一番よいと判断し任意売却をおすすめしました。任意売却のお話は込み入った内容もあることからご来店頂き詳しくお話しすることになりました。不動産はすでに手放す覚悟をしておられるようでしたので、私は任意売却についての書類を揃えてお待ちしていました。

ローン返済ができなくなって

お客様が売りたいという不動産は数年前に新築で建てた一戸建てでした。しかし、体調を崩してしまってからは通院などで会社を休みがちになり、そのうち会社に居づらい雰囲気になり最後はクビになってしまいローン返済ができなくなったということでした。売却した金額でローンを完済して新しい家を見つけてほしいということでした。売れずにこのままローンが滞ってしまうと競売になってしまうので、それだけは避けたいことをお望みでした。引っ越し先は現在よりも間取りが狭くなる賃貸でかまわないということでした。

スピードが勝負!

競売だけは避けたいということで、早く買い手を見つけることが重要だと感じ、出来るだけ多くの顧客に不動産を紹介したいと思いました。そのためにはスピードが勝負ですから、今までに取引があった顧客を登録してあるシステムを使って、メールで一斉に不動産についての案内をすることにしました。すぐに多くの顧客から不動産について興味があるという返事が返ってきましたので、直に魅力を伝えるため彼らのところへ奔走しました。それと同時に、お客様の引越し先を探すために負担にならない賃料の物件を探してご紹介させていただきました。

感激の涙

売却依頼を受けてからすぐに買い手を探し始め、1週間後には売買契約が成立しました。恐れていた競売にはならなかったことで、私もお客様と同じように安堵しました。売却金額は一戸建てを建てたときのローン返済に充てることができ、お客様が新しい生活を始める引越し先も無事に決まり全てうまく解決することができました。お客様はローンの取り立てがなくなったことと、新生活を新しい気持ちで始められることに感激されたようで、引っ越しのときはスタッフに何度も感謝の言葉を重ねて涙ぐんでおられました。私も少し泣いていたかもしれません。

この売却事例の担当スタッフ

中西 章夫

業界20年超。
何時間でもお付き合いいたします。

トップへ戻る