ローン返済の滞納

事業失敗!遂に裁判所から競売決定通知が届く

loan11

家を失い、ローンだけが残る危機

所有する不動産を失うケースのほとんどが借金の担保に不動産を設定していた場合です。DMを見て当社に電話で相談を寄せた50代男性Oさんも同様のパターンでした。事業拡大の為に資金を調達したいと考え、銀行や知人から融資を受けたとのことです。しかし思いのほか事業は軌道に乗らず返済が滞りがちとなり、資金繰りも行き詰って、とうとう銀行から担保物件である不動産を差し押さえると通知が。このままでは家を失いローンだけが残ってしまうという最悪の事態になると考えられて当社に相談されたのです。すぐに一戸建売却の任売という方向で打ち合わせを始めました。

任意売却をして今後やり直したい

0さんにご相談いただいた時点では既に裁判所から競売決定通知が届くという段階にきていました。ご存知のように競売で家が売れれば融資を返済できるわけではありません。競売での不動産売却は相場より大変安い価格で落札されることがほとんどです。その結果、担保不動産を競売した金額を差し引いても多くの負債をかかえることとなる例が多いのです。お客様は銀行と知人等からの借り入れは当分は返せないとのことですが、自己破産ではやり直しが難しいと考えていました。家を任意売却して少しでも高く売り、やり直す足がかりとしたいという希望でした。

債権者との交渉

裁判所が競売決定している物件は自分の名義だとは言え、お客様が勝手に売ることはできません。債権者の同意を得なければなりません。少なくとも競売で予想される金額より多い返済ができることが最低限必要です。また、長い時間をかける事も許されませんから売却期限も競売に間に合うように制限されてしまいます。私たちはスタッフを総動員して、あらゆる伝手を頼り競売のスケジュールを説明、物件の査定を行い、スピーディに一戸建売却査定額を割り出しました。その査定額を基に債権者である金融機関を交渉して何とか任意売却の同意を得ることができたのです。

任意売却成立

さて、債権者から任意売却の同意を得ても、実際に売却先が決まらなければ結局は競売になり全ては元の木阿弥になってしまいます。私達スタッフは購入先を急いで探しました。無論、土壇場でトラブルになってはいけませんから、安心で確実な相手を探しました。ここは私達の日頃のネットワークがものを言いました。一戸建売却の実績が多かったからと言えるでしょう。競売開札ぎりぎりで、かなり有利な条件で無事に売却することができました。その結果、0さんは多少手元にお金も残り、再出発に臨むことができると大変ほっとされていました。

この売却事例の担当スタッフ

中西 章夫

業界20年超。
何時間でもお付き合いいたします。

トップへ戻る