離婚

離婚!妻が出ていった

di10

新たな一歩を踏み出したい

数年前に当社・大成有楽不動産が分譲したマンションをご夫婦でご購入くださったMさんが、HPを通じて再びご連絡をくださいました。内容は、奥さまとの離婚が決定したため、現在住んでいるマンションを手放したいとのご相談でした。一度販売した不動産がまた当社に売却依頼で戻ってくるのは少し複雑な心境ではありますが、お客様の新たな人生の一歩を踏み出すお手伝いをするために、不動産会社として出来る限りの力を尽くしたいと思い、全力でサポートさせていただきますのでお任せくださいとMさんにお伝えしました。

離婚後は前向きに生きたい

離婚によって財産分与や慰謝料が発生しましたが、残念ながら現金では用立てできないとのことで、マンションを売却することで支払いに充てるのがMさんのご希望でした。現在のマンションは1人で住むには広すぎるし、離婚後は1人で前向きに生きていくために過去のしがらみを捨てるためにも、マンションを手放したいとのことでした。しかしMさんはローンがまだ残る不動産の売却を不安に思われていました。ローン残高が売却額を上回ることも予想され、そうするとMさんの今後の生活設計が大きく変わってきてしまうからです。ここが私どもの腕の見せ所になります。

スムーズな売却

一般的に離婚になり財産分与が発生すると、残っているローンが売却価格を上回っていたり、ご夫婦の双方どちらかが不動産を手放すことに反対していたりすると非常にやっかいな事になります。残念ながら当社のお客様の中にはそういった方も少なくなく、中には私どもの目の前で言い争いになることもあります。しかしMさんご夫婦の場合、既に奥さまはマンションを退去されていましたので、そのような問題がおこることもなくとてもスムーズに手続きを進めることができました。あとはいくらで売れるか、心配される点はその1点のみです。

売却益は財産分与

幸いご夫婦ともにきれい好きだったのが功を奏したのか、物件の状態はとてもよく、クリーニングやリフォームも大幅にする必要がありませんでした。マンションの立地も大変良かったので、当社にご登録頂いているお客様へご紹介したところ前向きにご検討いただける方が数組現われました。結果、1ヶ月後には売買が成立、ローン残高を上回る金額で売却することができました。財産分与で奥さまと折半され、Mさんもとてもお喜びになっていらっしゃいました。最後にお見えになったとき、Mさんは本当に晴れやかな表情をされており、笑顔でお帰りになる後姿を見送りながら私どもも達成感を感じました。

この売却事例の担当スタッフ

中西 章夫

業界20年超。
何時間でもお付き合いいたします。

トップへ戻る