離婚

元ご夫婦のお二人…直接顔を合わせることなく希望価格でマンションを売却

di8

離婚が決まり、共有財産であるマンションを売却

今回マンション売却をお手伝いしたのは、離婚することになった、元ご夫婦のお二人でした。元奥様からインターネット一括査定のお申し込みがあり、不動産売却の御意向を伺うために、直接お話を聞かせていただく機会を設けてもらいました。
すでに離婚することで双方が同意しており、婚姻中に形成した財産である不動産は売却し、売却代金は双方で分配したいとのお話でした。今回売却をご依頼いただいたマンションは、近隣でも人気が高い物件でした。そのためマンションを指定して、空き物件が出るのを待っている人もいらっしゃるほどの人気がありました。

双方共に顔を合わせることもなく、個別に打ち合わせを実施

マンションを購入した際には高額な物件だったため、売主様は売却する際もできるだけ高い価格で売却することを強く希望されていました。売却した代金は双方で折半されるそうですが、離婚後の新たな住宅獲得のための資金に充てるため、できるだけ早く代金を受け取りたいともおっしゃっていました。できるだけ高い価格で売りたいという御意向があることは良く理解できましたが、売却活動についてはだらだらと長引かせたくないという御意向を持っていらっしゃいました。売却活動が始まっても、元ご夫婦のお二人が顔を合わせることはなく、双方と個別に打ち合わせを行っていました。

売却活動中は、双方のコミュニケーション不足をフォロー

今回のマンション売却においては、物件の共同所有者であるお二人の間にはすでに深い溝が出来ており、顔を合わせて打ち合わせや相談などをすることはありませんでした。ただしこのような状況下でマンション売却を行えば、必ず何らかの問題が発生する可能性が高いことは、長年の経験からよくわかっていました。そのためそうした事態を避けるために、個別にお二人にお会いして販売状況等をお伝えし、販促活動を推進しました。また元奥様とのお打ち合わせは、いつもショッピングモール内の施設だったため、とても気を遣いました。

双方がお会いになることはありませんでしたが、希望額で成約へ

元ご夫婦だったお二人が希望されていた金額で成約に至り、大変ご満足いただけました。また売却活動の間は、お二人に対して個別に不動産売買に関する連絡やご相談などを行ってきましたが、最期まで直接お会いになることはありませんでした。お二人が熟考された上で決められた不動産の売却であるため、後悔はされていないと思いますが、希望価格で不動産を売却できたことは、離婚により新たな人生を歩み始めたお二人への糧になったのではないかと思っています。これまでにもさまざまな家族の姿を拝見してきましたが、今後のお二人の再出発を祈りました。

この売却事例の担当スタッフ

有賀 保

お客様が何を望んでおられるかを考え、
信頼頂けるよう誠意を持って対応します。

トップへ戻る