相続

初めての相続

in4

お取引先様からのご紹介

弊社は、地域に根差した不動産会社として、長きにわたり当地区の不動産取引に携わってまいりました。また、単なる不動産売買の仲介のみならず、任意売却や相続などお客様のお悩みに対して適切な対応をさせていただいております。様々な案件を取り扱ってまいりましたが、その中で、多くの土地所有者の方々とのネットワークも構築されております。今回、弊社とお付き合いいただいております土地所有者のお知り合いで、相続に関するお悩みを抱えていらっしゃる方がおられるということで、弊社にお声かけをいただき、ご相談に応じさせていただくことになりました。

初めての相続への戸惑い

お客様の親御様がご逝去され、土地などの資産を相続することになったものの、どう対応すれば良いのかわからないということでした。お客様は、財産が大きくなると、税金の支払いが大変だという話を聞いたこともありましたが、不動産は金融資産と異なり、どのように評価されるかもわからず、自分で調べるのも限界でした。しかしながら、お客様には、懇意にしている税理士や司法書士等相談に乗ってもらえる専門家の知り合いもなく、途方に暮れていました。そんな時、知り合いの地主様を通じて弊社がご相談に乗れることを知ったということでした。

相続に関する税金や登記手続きのご相談対応

相続人がお客様だけであり、トラブルの可能性もないことから、登記手続きは弊社にて行いました。また、路線価を確認し、大雑把な相続税額の試算も行い、納付税額と金融資産のバランスのアドバイスも行いました。税額試算によれば、不動産を売却しなくても納税資金は賄えるようでしたので、弊社としては賃貸収入が得られるよう、不動産の有効活用をご提案しました。しかしながら、お客様としましては、残す財産があってもしようがないとのことでしたことから、売却する方向でお手伝いをさせていただくことになりました。

スムーズな売買契約の成立

納税の心配もないことから、不動産の売却はじっくり腰を据え、できるだけ好条件での売却を目指すことにして、査定額を決定しました。ただし、購入希望者をできるだけ多く募集することができるよう、お客様とは連日お打合せさせていただくとともに、環境整備や清掃など、物件の魅力を前面に押し出す努力をいたしました。お客様との媒介契約から4か月後に、購入希望者が現れ、売買契約を成立させることができました。また、売却に向け、境界の立ち合いも済まされていましたので、引き渡しもスムーズに行うことができ、購入者様にも感謝されました。

この売却事例の担当スタッフ

渡邊 利雄

お客様には「柔軟」
プロの責任として「頑固」

トップへ戻る