相続

共有者5人の相続不動産の戸建売却

in3

奥様のためにご主人様が行動

ある日60代の男性K様がご来店されました。奥様の実家の戸建売却について相談したいというご依頼です。相続不動産の共有者が5人もおり、このままでは相続が難しいので売却に向けて話をまとめたいというのがK様のご希望でした。奥様は不動産や相続の知識は全くなく、兄弟の人間関係の今後を不安視しておりとてもお困りになっているということで、奥様の代わりにK様が色々調べて問題解決のために行動をしていらっしゃるそうです。奥様のことを思うご主人様のお力になりたいと、不動産に関する詳しい話をお聞きすることになりました。

5人の共有者、しかも1人が居住中の戸建売却

K様の奥様のご実家で不動産の相続が発生したとのことで、奥様も実家の共有者の1人となったそうです。共有者である奥様のご兄弟は5人いらっしゃいました。しかも相続財産である実家には、奥様の兄上様(長男家族)も居住中とのこと。状況的にも色々クリアしなければならない問題が多いのですが、なにせ奥様の実家の相続ということで、K様ご本人が前面に立って動くことはできません。当社に間に入り、実家の戸建売却をしても奥様の兄弟間でしこりが残らないように円満に解決してほしいというのがK様からのご依頼内容でした。

ご兄弟の同意を得て売却活動開始

我々はさっそく共有者であるご兄弟全員に直接お会いして話し合いをすることにしました。不動産の売却の手順と物件の査定価格、そして販売戦略を皆様にご提案いたしました。幸いなことにご兄弟は皆さま前向きに話を聞いてくださり、売却に向けて話が進んで行きました。現在不動産に居住中のご長男様ご家族のお引越しについてもお話を聞き、お手伝いさせていただくこととなりました。スタッフはタイミングを見ながらご兄弟皆様のご理解を得ながら、価格の改定を行いつつ、購入希望のお客様が現れるのを待ちました。

波風立たない円満解決

じきに購入希望のお客様からお問い合わせが入り、無事に2億円台でご成約となりました。売却物件にお住まいのご長男ご家族も無事にお引越しが完了いたしました。K様の奥様は持分の現金化に成功、他のご兄弟からの異議もなく、無事に波風を立てず円満な解決にいたりました。奥様の黒子となって行動されたK様もとてもお喜びになり、何よりも奥様の兄弟間でなんのしこりも残らないで解決に至ったことについて、我々スタッフに感謝の言葉をくださいました。我々も含めて関係者全員が幸せなお取引となりました。

この売却事例の担当スタッフ

有賀 保

お客様が何を望んでおられるかを考え、
信頼頂けるよう誠意を持って対応します。

トップへ戻る