その他

賃貸部分は女性限定、住居部分は家族に住んでほしい!

ot14jpg

初めの不動産売却で不安がいっぱいのお客様のお問い合わせ

不幸にも50代にして最愛のご主人を亡くされたHさんが、当社のDMをご覧になり、お電話でお問い合わせをいただきました。お1人になり不安がいっぱいの中、今後の生活設計を考えて2階部分が賃貸住宅の不動産を売却し、自分はコンパクトなマンションに移りたいとのこと。不動産売買にかかわるのは初めてとのことで、初回のお電話の時からわからないことだらけで不安と、何度も小さなお声でつぶやかれていたのがとても印象的でした。なんとかお力になり元気になっていただきたい、そう強く思い、話をすすめることにしました。

賃借人が安心して暮らすことが出来る買主さんに買っていただきたい

現在居住中の住居は1階がHさんの居住部分、2階は4部屋の女性限定の賃貸となっていました。この物件の売却をご希望とのことですが、賃貸併用住宅の売買など本当にできるのかと心配されていらっしゃいました。賃貸の部分の契約更新は行っていない状況でした。現在入居してくださっている方にも不満がないように、購入してくださる方にも喜んでいただけるようにしたいと、他の人のことも心配なさるとても優しい方で、Hさん、購入者、現在の入居者みんなが幸せになるような良好な人間関係の中で行われる売買を目指しました。

賃貸併用住宅専門担当としてのノウハウを最大限に活かす

私どもスタッフは、なんとかHさんの力になりたいと、まず自社の専門賃貸併用住宅サイトの会員様約350組に今回の物件をご紹介。同時に不動産投資家向けのウェブサイトへ即時に登録をいたしました。その結果お問い合わせいただいた方の中から居住に力点を置かれている方を厳選いたしました。さらに、賃貸部分について賃貸人の方との個別の契約書締結をお願いし、それに承諾いただけた方と契約をつめていきました。Hさんには、可能な限り現在の状況を報告して少しでも不安をなくして安心していただけるように努めました。

値引きなし購入申し込みが6件、思わぬ結果に売主様も破顔一笑

当社が誇る圧倒的登録顧客数がもの言った結果、他社では考えられないような適切な値段、条件でご購入を希望される方が殺到いたしました。その中からHさんのご要望にかなうお客様を更に選定し、ついに契約となりました。Hさんも購入者様も双方がお互いの人柄を褒め合い、よい取引きになったとお喜びいただける理想的な結果となりました。賃貸併用住宅の売買でも当社大成有楽が強いと証明される典型的事例となり、スタッフ一同で喜びました。お客様が幸せになるお手伝いができる不動産会社という仕事に誇りを感じるケースとなりました。

この売却事例の担当スタッフ

渡邊 利雄

お客様には「柔軟」
プロの責任として「頑固」

トップへ戻る