その他

複数所有の土地、維持管理が大変

ot11

複数所有の土地、維持管理が大変

ご主人が亡くなり、所有されている不動産の有効活用についてお困りになっているところを、お知り合いの方から当社を紹介され、ご相談にいらっしゃいました。お客様は複数の土地を所有されている状況でしたが、高齢のために足が悪く、ご本人がそうした土地を自ら管理することは、すでに難しい状況になっていました。またマンションも所有されていらっしゃいましたが、所有されている不動産はできるだけご子息に引き継ぎたいと考えており、まずそれらの有効活用の方法について相談に乗って欲しいと考えていらっしゃいました。

売却ではなく、将来的に財産として残せるような有効活用を希望

お客様の御意向としては、今すぐに売却したいということではなく、土地やマンションなどの資産の有効活用について、プロの立場から相談に乗って欲しいというものでした。当社でもそうしたご相談をたくさんいただいており、所有されている不動産に合わせて、ご提案をさせていただくことになりました。所有されている不動産はどれも立地条件が良い物件ばかりで、さまざまな活用方法が考えられましたが、お客様が将来にわたって納得して活用可能であることを第一に考えて、ご提案させていただくことにしました。

仲介業者としてではなく、お客様の幸せ、将来を第一に考えて

今回は仲介業者としてではなく、どうすればお客様やご子息が幸せになることが出来るのかということを第一に考えて、さまざまなご提案をさせていただきました。当社としても、さまざまな不動産の売却のお手伝いももちろん行っていますが、今回はそうした目先の利益を追求するのではなく、お客様と良い関係を築き、そして末永いお付き合いをさせていただければと考えたからです。どうすれば後になって後悔することがない土地の有効活用が出来るのか、そのことを第一に考えて、ご提案やお手伝いをさせていただきました。

プロとしてのノウハウを活かしてご提案し、お客様の信頼を獲得

不動産のプロとしての経験・知識をフルに活用し、それぞれの土地の用途地域や周辺環境を考えて、立地に合わせてアパートや駐車場への転用をご提案しました。またそうした活用をするにあたって、必要な費用や想定される問題などについても、できるだけ細かくご説明しました。お客様は私共のご提案に沿って、所有されている資産を活用されています。その後も、ご自宅の売却をご希望されている方や、投資マンションの売却を考えている方など、当社の新たなお客様を多数ご紹介いただくなど、お客様には何かとお世話になっています。

この売却事例の担当スタッフ

飯村 具実

誠心誠意対応します。
 

トップへ戻る