その他

相続を受けた土地、売却するか賃貸住宅を建てるか

ot6

相続や不動産売買の知識がなくて困っているとのご相談

インターネットでの一括査定をご利用になった40代の男性のお客様。最愛のお母様を亡くされて、土地を相続されたそうです。お母様の死は突然のことだったようで、相続に対する知識はほとんどなく、お仕事やご家庭のことなどで多忙なため情報収集も勉強もままならず、困っていらっしゃいました。不動産売買も経験されたことがないとのことで、不安も大きいようでした。ご来店いただききちんとお顔を拝見して、詳しい状況とご意見をお伺いしたいと伝えたところ、是非とのお返事をいただき、お会いすることとなりました。

慣れていないので良く分からない不動産の有効活用

奥さまと一緒にご来店されたお客様は、「せっかく母が残してくれた土地をなんとか有効活用したいと考えているが、相続や不動産の知識がなくてどうしたら一番いいのかわからない。土地を売却してしまった方が良いのか、それとも資産運用のために賃貸住宅などを建築したほうがいいのか。しかし賃貸住宅を建築するにもどうしていいかわからないし、今後の運営も不安がある」とお話されました。やはり不動産売買・投資は敷居が高いものなのだな、と感じました。

お母様の残した土地を有効活用

当社のスタッフ一同はお客様とその後何度も打ち合わせを行いました。様々な試算をした結果、賃貸住宅を建築しても収支が十分合うとの結論をだし、土地の有効活用へ手続きを進めることにしました。最愛のお母様の残してくださった土地です、なんとかお母様の気持ちをくんで有効活用してもらえるように、信頼できるハウスメーカーの担当者を紹介することにしました。お客様には頻繁に現状をご報告しており、その都度感謝のお言葉をいたきました。お客様のお言葉に触れるたび、更にお客様の期待にこたえたいと強く思いました。

建てた賃貸住宅も好評に

数ヵ月後、無事にお客様の土地に、お客様が希望されていた3階建の賃貸住宅が完成いたしました。他の賃貸住宅と差をつけるために付加価値として、ペット可物件となりました。当社は賃貸希望者の募集と、その後の管理のお手伝いをさせていただくことになりました。ペット可物件ということで、部屋はあっという間に埋まり、お客様にもご報告をいたしました。お客様は、「母の残した土地がこんな風に他の人に喜んでもらえるように有効活用してもらえて本当に嬉しい」とおっしゃり、お客様、当社スタッフ、入居者の皆さまみんなが喜ぶ素晴らしい結果となりました。

この売却事例の担当スタッフ

有賀 保

お客様が何を望んでおられるかを考え、
信頼頂けるよう誠意を持って対応します。

トップへ戻る