その他

庭先売買・アパート部分の売却事例

ot1

弁護士を通してのお客様との出会い

当社がよく相談させていただいている弁護士より、物件を売却したいお客様がいらっしゃるとのご連絡を頂きました。まずは事情が分からなければ対応出来ないということで、お会いしてお話を伺うと、所有しているアパート部分の庭先売買をしたいというお話でした。ご自宅敷地内にある賃貸アパートを所有されているとの事で、庭先売買になるので難しいのではないかと大変ご心配されていました。しかし、お力になれますとお伝えして事案はスタートしました。

一刻も早く売却したいというお客様の悩み

お客様がアパート部分の庭先売買を考えられた理由は、保証人になったために生じた借金を返済したいという事でした。日々金利が発生しているということでかなり深刻な状態とのことです。当然の事ながら、賃貸物件であるアパートには現在も賃借人が生活しており、そのことから、賃借人が存在する状態でのアパート部分の庭先売買は難しいのでは無いかという不安がありました。しかし不動産売買の場合、賃借人がいる状態でも問題無く行われているのが現状です。その点をご説明した上で、不動産売却までのご説明をさせていただきました。

経験を生かした対応

保証人になったせいで、売却を迫られるという差し迫った状況であることから、高額で買い取りが出来る条件を探す必要がありました。不動産の状態を調べていると、アパート部分の立地条件が地区計画で土地の分割に関して規制がある事が判明しました。結果的に、売却に不利になる可能性も出てきた事をお客様にお伝えした上で仮測量を行った結果、地区計画に抵触しない面積で土地の分筆を行う事が最善という結論に達しました。お客様にも分筆を行う事で売買がし易くなるのならと理解して戴き、今までより好条件で買い手を探す事が可能になりました。

予想以上の買取価格で売却成功

賃借人がいるという条件では、比較的売買価格が安くなることも考えられますが、分筆を行った事で購入する側の条件も良くなり予想以上の高値が付く結果となりました。実際にアパートの様な物件で、賃借人がいると言う状況では高値での取引は望めないという状態も確かに存在します。しかし、今回の取引に関しては当社のノウハウを生かす事で、予想以上の高値での取引となりました。この結果、売主様に負担を掛けること無く取引が出来るという最も好ましい結果になりました。不動産に関しては物件の条件もありますが、仲介する不動産業者のノウハウも大きく関係するのです。

この売却事例の担当スタッフ

飯田 謙次

信頼関係が大事なので本音で
話し合う。

トップへ戻る