その他

海外転勤を期にお住まいのマンションを売却

ot15

売却するか賃貸するか

3ヶ月後に海外への転勤が決まったお客様より、お住まいのマンションを売却するか若しくは賃貸に出したいというご相談をお受けしました。
当社の賃貸担当者と同行し、売却の場合、賃貸に出す場合それぞれのご提案とシステムのご説明を行いましたが、より査定額の高かった他社へのご依頼となりました。

転勤直前に他社でトラブル発生

ところが、転勤の直前に再びお客様よりご相談の電話を頂きました。訪問し詳しくお話を伺うと、依頼された仲介業者は売買、賃貸ともに問い合わせもご案内も多く何度か購入の申し込みもあったが、いずれも当初の査定額を大きく下回る購入希望で当社の査定額よりも低かった。それでも転勤まで時間が無かった為やむを得ず減額交渉に応じたが、契約日直前でキャンセルとなってしまい、その仲介業者への信頼を失ってしまったというものでした。

売買と賃貸の同時依頼

売主が海外在住でも問題なく不動産の売買及び賃貸契約が可能である事と、売買と賃貸の同時依頼が可能であることをご理解頂き専任にてご依頼を承りました。
賃貸のお問い合わせも比較的多かったのですが、しばらくして売主様のご希望額にて買い手が見つかりました。

無事にお取引が成立

契約、決済と売主様は立ち会えませんでしたが、司法書士と連携し、代理人を立てたり事前に委任状を提出して頂いたり等準備をして無事にお取引を行う事ができました。

この売却事例の担当スタッフ

渡邊 利雄

お客様には「柔軟」
プロの責任として「頑固」

トップへ戻る