収益

収益不動産である一棟賃貸マンションを売却し、不動産の現金化

pr3

相続した一棟賃貸マンションを売却し、現金化したい

以前御長女様の自宅の売却を担当させていただき、今回はそのご縁で、相続財産である一棟賃貸マンションの売却についてご相談をいただきました。所有されているのは、立地条件の良い収益不動産としても優秀な物件で、お父様の死後、お母様とお二人のお嬢様とで相続された不動産でした。お父様が遺産として残したマンションであり、不動産に対する愛着も持っていることは事実でした。また賃貸物件としても収益は上がっているものの、今後の管理の手間を考えると、今のうちに売却して現金化したいという御意向を持っていらっしゃいました。

収益不動産としても条件の良い物件の売却を考えるに至った理由

収益不動産としてはかなり条件の良い物件でしたが、入居者の中にはさまざまな事情を抱えている方もいらっしゃいました。また賃借人様の中には、20年以上の長いお付き合いの方や、生活保護を受給中の方、体の不自由な方もいらっしゃいました。そうしたさまざまな事情を抱えている賃借人様との人間関係も、一棟賃貸マンションを売却することで終了させたいという御意向を持っており、ご相談にいらっしゃいました。亡くなったお父様の代からのそうした人間関係を、売却することで終了させたいというお気持ちも、お話を伺っていてよくわかりました。

現在の賃借人が、今後も安心して過ごせる環境を

現在は売主様と賃借人様との関係がとても友好的なため、安心して生活することができる環境でしたが、今後もそうした環境を維持していただけるような購入希望者を捜すことにしました。マンションのオーナー様が変わることで、賃借人様の生活自体も変わってしまうことは、決して売主様の本意ではないからです。そのためには収益不動産としてのマンションの価値だけでなく、現在の賃借人様の個々の事情も汲んでいただけるような方に、お父様から相続したマンションを購入していただく必要があると改めて強く感じました。

理想的な不動産購入希望者が見つかり、売主様も安堵の心境に

理想とする不動産の購入希望者を捜すため、さまざまな方法で収益不動産に関心を持っている当社のお客様にアプローチしました。その甲斐あってか、現況有姿で、しかも賃借人様に関してもきちんと引継をしていただける購入希望者が見つかりました。売主様もマンションの管理業務から開放され、また相続した不動産を現金化することができ、大変ご満足いただきました。以前担当させていただいたお取引がご縁で、一棟賃貸マンションの売却をお手伝いさせていただきましたが、このご縁を今後も大切にしていきたいと思っています。

この売却事例の担当スタッフ

有賀 保

お客様が何を望んでおられるかを考え、
信頼頂けるよう誠意を持って対応します。

トップへ戻る