収益

賃貸併用住宅を収益不動産として売却する

pr1

インターネットからのお問い合わせ

当社には投資・収益物件も多くの取り扱い実績があり、インターネット等で、過去の実績や現在お取り扱い中の物件をお客様にご覧いただけるようになっており、また、インターネットでの無料の一括査定サービスも行っております。姉妹で共有している賃貸併用住宅の売却を検討されていた今回のお客様は、インターネットの一括査定をきっかけに弊社にお問い合わせをいただきました。

好条件での早期売却希望

お客様は、この賃貸併用住宅を相続で取得しましたが、相続人がお二人ということで、共有となっていました。お客様は、すでにそれぞれにご家庭もあり、ご自宅も所有されていましたので、この賃貸併用住宅に居を移す意味はありませんでした。また、お客様には収益不動産の運営ノウハウもありませんし、共有物件ということになりますと、維持管理の責任分担など面倒が多いことも心配されておられました。さらには、相続税の納付義務もあることから、できるだけ早期に、好条件で、この不動産を売却して、現金として手元に置いておきたいとのご希望でした。

収益不動産売却に向けての弊社の対応

お客様のご希望を検討しましたが、やはり、お客様がお考えのとおり売却されることが望ましいとの結論に達し、すぐに媒介契約を締結させていただきました。弊社では、収益物件の取扱い実績が多く、資産運用のため収益物件の購入をご検討されているお客様とも多数お取引いただいておりますので、まずこれらのお客様にこの不動産物件をご紹介いたしました。現状、空室もなく、立地条件も悪くないことから、ご紹介してからすぐに、数名のお客様にこの物件に関心を持っていただき、お問い合わせをいただくことになりました。

収益不動産売買契約の成立

様々な提案や当社の販売ノウハウにより、売主にとって最も良い条件でご納得いただけた方に無事売却することができました。弊社には投資・収益不動産をお探しのお客様が多くおります。おかげさまで今回も、収益物件売却のご相談をいただいてから、すぐに不動産投資に関心を持っているお客様にご紹介することができました。不動産はよく縁ものといわれますが、今回はまさにそのケースでした。弊社といたしましては、いかにご縁を取り持つことができるかが大切なことだと考えています。

この売却事例の担当スタッフ

上埜 祐一

不動産営業のプロとして、「お客様にとってのベストは何か」を常に考える

トップへ戻る