買取

子供達が独立!広すぎる家を売ってマンションに買換え

pu6

ふと立ち寄った新築マンションのモデルルーム

お客様との出会いは、お客様が不動産の買い替えにお悩みになった際に、偶然通りかかった弊社の案内所でした。真剣に物件の資料に目を通すお客様の姿から、不動産の購入の意志があると判断し、外に出て声をかけさせていただきました。どうやら家族構成はご主人様と奥様のお二人の様で、既に子供達は独立してそれぞれに世帯を持っているとのことでした。現在のお住まいの不動産は一戸建てで、お客様お二人には広すぎるものでした。現在の不動産を売却し、新たに新築マンションの購入を少し考えていたようで、スタッフはモデルルームに案内しました。

妻に資産を残したい

モデルルームを見学されたお客様の反応は非常に好感触でした。丁度良い広さと、現在の戸建が2階建てということで階段が大きな懸念材料になっていたそうなのですが、新築マンションはエレベーターもついており、間取りにも大変満足いただきました。しかし、マンションの購入に至るまでにはまだ悩まれている点があり、現在の戸建を売却するにあたって、思い入れがあるご自宅の売却を決めかねておられたのです。私としても無理に勧める訳にいかず、ひとまずお客様の意識を変えていただくために時間をかけて物件の説明をするように努めました。

不安の解消

お客様の意識を変えるには、こちらから一方的にメリットやデメリットをお伝えするだけでは一方通行となってしまいます。私はまず、お客様の目線に立つことから始めました。ご自宅の戸建はお客様がまだ20代の時に苦労して貯めた貯金をはたいて購入した不動産とお聞きしました。そこから現在に至るまでの約半世紀、色んな思い出をここで作られたそうです。なかなか簡単には首を縦に降ってもらえなかったのですが、お客様に築年数による現在の住まいの危険性、危険箇所、それに比較した安全性と快適性の説明で、あくまでお客様の目線に立って説得しました。

スムーズに住替え

お客様の説得に成功してからは事前に打ち合わせしてた業者と好条件で取引を成立。無事にお客様に満足いただけるような内容でご自宅の売却をすることに成功しました。ご自宅を購入頂いた業者は以前からスタッフと様々な案件を成立させてきた日頃お世話になっている業者で今回の案件のようなタイトなスケジュール内容でも快く引き受けてくれました。不動産業は多額の金銭と引き換えにお客様の今後の人生を左右する商品を販売するので商品の価値だけでは簡単に成立しないのです。お客様や同じ職場の仲間、協力業者との信頼関係が鍵を握る非常にやりがいのある業種です。

この売却事例の担当スタッフ

中西 章夫

業界20年超。
何時間でもお付き合いいたします。

トップへ戻る