買取

急な中古戸建不動産買取

pu4

急を要するお客様との出会い

ある日、私どもの元に30代の男性のお客様から、中古戸建不動産の買取に関するお問い合わせの電話がありました。早速お客様と電話で、打ち合わせに関する大まかな日程や場所を決定し、実際にお客様にお会いしました。その際、そのお話や様子から、何やらとても買取りを急いでいらっしゃるようにお見受けすることができたので、具体的な商談よりも、まず、お客さまの御事情を伺うことが先決であると判断し、詳細なお話を聞くことにしました。

お客様個別の悩みに対応する

お話を伺っているうちに、お客様はご自身のお仕事の都合上、海外へ転勤しなくてはならないことになっており、さらには転勤までに僅か一ヶ月しか残されていないことがわかりました。この事から過去のお客様の海外転勤の準備などを逆算しても、私共には不動産の買取りに残されている時間は、僅かしか残されていないことになります。とても急を要する案件でした。

買取り手続きに関する迅速な対応

お客様の要望は当然のことながら、「早期に自分が納得のいく形で売却すること」です。通常中古戸建不動産を売買するとき、ある程度の期間を持って、対応していくのですが、今回はお客様のお仕事の都合上、そのような悠長なことを言っている場合ではありません。さらにお客様は「無理であれば他社へ依頼することも検討している」とのお考えをお持ちでしたが私どもは、そのようなご要望にも的確、迅速に対応できるという自負がありましたので、このご要望を喜んでお受けしました。早速私どもはこの案件に取りかかりました。

 お客様の納得のいく結果

通常であれば、買取り業者を探すのは、それなりに時間がかかるのですが、私どもはこの業界で長年誠実に仕事を積み重ね、様々な業界や個人からの信頼を得ています。よってこのような急な買取り希望のご相談にも迅速に対応することができました。お客様ご自身も当初は、期間の短さからかなり不安を感じていたのですが、私どもがご提供した結果に大変満足されていたようです。これもやはり昭和から現在に至るまで、都内を中心に私どもが不動産を中心とした事業を誠実に展開してきたからです。長年培ってきた信頼の為せる業なのです。

この売却事例の担当スタッフ

上埜 祐一

不動産営業のプロとして、「お客様にとってのベストは何か」を常に考える

トップへ戻る