買取

数年間放置されていた室内はボロボロ・・

pu3

20代で買った築古マンション

今回ご相談していただいたお客様は20代でマンションを購入しました。その後ある一定期間その物件には住まずに数年間放置していたということです。売却の理由は結婚が決まり、今後この物件に住むことはない!と判断されたためだったそうです。お客様の希望としては、すぐにでも買い取ってほしい、ということでしたが、同時にこんなにボロボロでも買い取ってもらえるかを心配していました。

すぐにリフォームを!

実際に室内の状態の一通りの確認を行うと数年間放置された築古のマンションは、本当にボロボロで正直販売に適した物とは言えませんでした。このままでは売れないと考えた私はリフォーム担当を同行させ、すぐに原価計算をし、市場調査を行いました。お客様は売却価格についてはあまり高くは望まれてはいなかったのですが、少しでも高く販売するためには努力を惜しみません。

一円でも高く

お客様の同意が得られたので、さっそくリフォームを行い、販売の準備に取り掛かりました。市場価格に届くかどうかは正直期待できなかったのですが、アピールできるポイントを探し、書類を作成し、あらゆる手段を使って買い手を探しました。お客様のすぐにでも買い取って欲しいというご要望を尊重しつつ、できるだけ高い価格で買い取ってもらえるようお客様の希望の金額に一円でも近づけるように手をつくしました。

常にお客様の目線に立ち、ベストを尽くす

3日後、購入したいという方が現れ、無事買取契約が成立。価格の調整を行った結果、市場価格の70%ほどでの買取となりましたが、お客様にはスピーディーな対応を評価していただき、とても満足していただけました。いかにお客様に喜んでもらえるか、弊社を選んで良かったと思っていただけるか。目標に届かないと思っても常にベストを尽くす姿勢は変わりません。

この売却事例の担当スタッフ

飯村 具実

誠心誠意対応します。
 

トップへ戻る