上埜 祐一

不動産営業のプロとして、「お客様にとってのベストは何か」を常に考える

出身地

東京都目黒区生まれですが、父親の転勤のため引っ越しが多く小学生の時に6回転校しました。実家は大分県大分市です。

資格

宅地建物取引士
公認 不動産コンサルティングマスター

お客様にひとこと

平成6年から5年間、新築マンション販売営業を担当、平成11年から現在まで、23区内都心部を中心に不動産仲介営業を担当しております。
不動産営業のプロとして、「お客様にとってのベストは何か」を常に考え、ご提案をさせていただくことを心掛けております。
私どもは、お客様からご売却のご依頼をいただくのが仕事ですが、場合によって「売らないでご所有されていた方が良いのでは」といったご提案をさせていただく場合もございます。
本音でお付き合いをさせていただきたく、お願いいたします。

担当事例

お客様の声

取引物件は1棟ではあるが、自宅と12戸の賃貸住宅で構成された賃貸併用住宅でした。12戸の貸主への貸主変更通知・振込先変更手続き等、何度も現場に足を運んで売主にとって煩わしい作業を全て引き受けてくれました。売主や買主との信頼関係が構築出来ていないと円滑に進まない協議事項も上手に取り纏めてくれたと評価しています。

トップへ戻る